読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

素晴らしき世界

白馬に乗った櫻井と爆モテモンスター有岡をひたすら愛でる箱推しのアイドルヲタク

新年早々語る。



新年明けましておめでとうございます。

2017年の目標、抱負は、たくさん食べ歩きをすることと、資格合格すること、色んなアーティスト(ジャニーズ)のコンサートに行くことです。どうぞよろしく。


先日の少クラを見ててふと思ったので書こうかな〜と思い、指を走らせています。(指を走らせる、、、?)


今回のネタについては、10年あまり嵐一筋だったわたしがなぜ昨年Hey Say JUMPSexy Zoneの沼と化したのかです。

尚、毎度のことながら本人が感じた独断と偏見、推しについての贔屓を込めておりますので悪しからず。



そもそもじゃんぷにハマりだしたのは昨年のMUSIC DAYという長時間音楽番組だった訳なのだけど。それまでは嵐以外はあまり興味がなくて(見たとしても同期の関ジャニや先輩グループくらいしか見てなかった)年下グループと言われる子達には全くもって興味がなかったのだ。それまでは。

とりあえずそれまでは録画環境がなかったのでリアルタイムで追っていたのは本当に好きな番組くらいしかなかったので、情報も仕入れられなかったっていうのもあって、とりあえず多くの番組を録画してとりあえず見てみよう(ジャニーズが出てる番組を)!と思って録画していたのだけど。

そこで(話は戻ります)ウィークエンダーと真剣SUNSHINEを披露していたじゃんぷにまんまとハマった訳です。あのダンスのフォーメーションといい歌詞といい曲調といい、とにかく自分の中でハマるものがあった。それがきっかけ。


セクゾは昨年の嵐にしやがれにてゲスト出演していたのがきっかけです。(詳しく言うとケンティのキャラ)


アイドルと言えども勿論本業の音楽活動やツアーのDVDを見るのも好きなんだけど、わたしは何よりアイドルがしてるバラエティを見るのが大好きで、それは多分嵐に影響されたのだと思うんだけど。

わたしが思うに嵐って、割とデビュー時すぐから冠番組を持たせてもらっていた分、バラエティ力も強ければトーク力も強いグループだと思うんです。彼らが話すこと、言動、ゲストへの話の振り方、食リポ、身体の張るシーン、挙げてもキリがない程好きな部分ってあるんですけどそれが、嵐の作ってきた魅せてくれたバラエティっていうのが自分の中でのアイドルがするべき最低ラインというか、基準になっているんですね。もちろん贔屓目込みなのかもしれないけれど、もはや今では嵐がどんなコーナーをしていようと大体面白いな〜と思えるんですよね。なのでじゃんぷやセクゾにハマった時も、全曲を漁る前にまずはメンバー個人がどういう人間なのかという特性を見るためにもバラエティを観たんですね。でも、なんていうのかな〜例えば身体を張ることを要求されていたとしたら拒んで中々やらないとか、だからこそ見応えがなかったりとか、そもそもバラエティに慣れていなかったりとか、そういう面がたくさん見えてしまったんですね。時代という言葉一括りにしてしまうのは申し訳ないかもしれないけれど、深夜時代の嵐はどんなに画にならなかったとしても視聴率が取れなかったとしても、本人達が、やってる本人達が一番楽しそうだったので観てるこっちも楽しいんだよなって思えていたのに。わたしと同じ世代(もしくは年下)のアイドルちゃんがへこたれている場面を見ると、やっぱりつまらないなあと思ってしまいます。まあそれはハングリー精神じゃないけれど、彼らの持ち味だとも思うし、番組の色というか、色んな見せ方もあると思うし、今の状況でも充分楽しいと思えてるファンの子が多いと思うのだけど。わたしみたいなまだまだ日の浅いファンに言われるのも癪だよな〜と思いながらもわたしはそう思っていました。きっと今は昔に比べたらタレントでもないただのアーティストが簡単に自分の番組を持てるような時代ではないも思うのだけど、せっかくの機会なんだし、これからもっともっと腕もトーク力も磨いていってほしいな〜と思いました。それにね、自分と同じ世代の子達が身体を張っていたりしたら、自分も頑張ろうって背中を押してもらっているような気がするんです。だからこそ頑張って欲しいな〜という愛情からの言葉です全て。これぞ愛の鞭!と捉えて頂ければ。


これからは時代を背負っていくことになるだろうし簡単には折れないように強く逞しく生きて欲しいな〜。